ブログトップ

北九州商工会議所 小倉SCブログ

地図の資料館

今回はゼンリン地図の資料館を紹介します。
日本における本格的な地図作りの原点は、江戸時代後期に歩いて全国をめぐり、当時の世界最高レベルの測量・編集技術で日本地図を完成させた伊能忠敬です。伊能忠敬は、小倉・紫川にかかる常盤橋を九州の測量の起点としました。常盤橋のたもとリバーウォーク北九州に立地する「ゼンリン地図の資料館」では、地図つくりの原点・伊能忠敬を取り上げています。

館内には伊能忠敬が作った日本地図(原寸複製)があります。

d0224138_11435465.jpg














リバーウォークと常盤橋
d0224138_1143829.jpg















この資料館では、皆様に地図に親しんでいただき、地図の背景にある歴史、文化を感じ、地図を学ぶ楽しさを体験することができます


※ゼンリン地図の資料館は下記のホームページをクリック
http://www.zenrin.co.jp/mapgallery/index.html
[PR]
by kcciksc | 2011-07-12 12:08 | 小倉の地域情報 | Comments(0)